駄文の王様 > 日野 裕太郎/さつきの本 > いずれ早瀬もじくじくと

『いずれ早瀬もじくじくと』(日野裕太郎)

判型:文庫版 オンデマンド 238ページ 頒布価格:600円

Amazon『いずれ早瀬もじくじくと』をAmazonで購入する

ばけものになったおとうとは
むかしからやさしくて
あははとわらう――

おさないころから続く実父の暴力
それから逃れるために
姉弟が選んだ術は――親殺し

天罰覿面
弟は人頭牛身の化けものとなり
姉は逃れようのない絶望のなか
救いを求めて足掻く――

親殺しの姉弟に起こる忌まわしい事態
対処を考えあぐねるうちに、状況はどんどん悪くなっていく。
ホラー長編。

【カテゴリ】

ホラー | 長編 | 姉弟 | 読み切り | 怪談

【Amazonでレビューいただきました】

【サンプル】

» 日野裕太郎作品レビュー

Amazonのレビューやtwitterでいただいた感想、とりあげていただいたブログ記事などの一覧です