駄文の王様 > 日野 裕太郎/さつきの本 > 獅子の影は夜にわらう

image

『獅子の影は夜にわらう』(日野裕太郎・みさわりょう・ハルノブ)

判型:文庫版 オンデマンド 110ページ 頒布価格:500円

王国に君臨する暴虐の王
それを父とする双子のコーエンとサリサリ

兄の影として生きる妹は
さまざまなものを失っていく兄に
胸を痛める日々を送っていた

叛乱のために集うひとびと
後宮で憂いにひたる正妃たち
すべてを壊す王を斃すため
見据えるものはひとつ――

【カテゴリ】

ファンタジー | 中編 | 双子 | 悪い王さま | 叛乱 | 後宮

【サンプル】

        1
 
 うまくたらしこんで引き入れたものだと感心していたが、い
ざ話をさせると歯切れが悪く辟易させられる。
 何度も呼び出せるわけではない。
 じれったいことこの上なかったが、三度目ともなると、話を
引き出せている実感を持てるようになった。
 ちびちびとくちびるを湿らせるようにした酒が減るにつれ、
近衛の男はうつむいていた顔を上げはじめている。
「……後宮が、一番手薄だ」
 彼らはすばやく目線を交わす。
 後宮に暮らすのは、現在は正妃と第二夫人たちだと聞いてい
る。何人かの姫と王子がおり、おそらく王城で王とともに暮ら
しているのだろう。
「こう……王城があって、後ろに後宮が」
 空中に近衛は線を引く。
 証拠が残らないよう、紙にしたためたりはしない。
 室内にいる十人ほどの仲間たち全員が、それぞれ自分の頭に
書き留めていく。
 畑の合間にある古い家屋は、収穫物の保管庫と銘打った場所

だ。家具はわずかなテーブルと椅子、農具を収納した木箱だけ
である。
 わずか十人ていどが肩を並べただけで、屋内は手狭になって
いた。窓は内側から潰してあり、夜に集まったところで明かり
がおもてに漏れることはない。出入りにだけ気をつかえばいい、
集会に使っている場所である。
「まわりに堀があって」
 こまかく動いていた近衛の指が、大きく動く。円を空中に描
いていった。
 そこから記されていく線が、外壁と城内に至るための道筋な
のだと、そこにいるものたちは理解できた。
 建築技師の家が見取り図を残していたのだ。設計した匠はも
のいわぬ死体で帰宅したが、先だって城を出ていた弟子が隠し
て持ち帰っていたのである―そのことは近衛には話していない。
 火にくべ、すでにその地図も残っていなかった。彼らは地図
をそらんじることができる。地面に何度も何度も地図を描き、
そして消してきたのだ。はだしの足の裏が砂を、あるいは土を
乱す感触は飽くほどである。
 近衛の描く図面は正確だった。
 少なくとも、みなの知る王城と一致している。

 嘘をついていない様子に、周囲がほっとした顔をする。近衛
のとなりに立っていた女が、わずかにうなずいた。
 彼女がとちゅうから近衛の男に本気になっていたのは周知だ。
近衛もまた本気になり、そのために情報を売り渡しに来ている。

 すべてが成功すれば、ふたりが所帯を持ってもなんら問題は
ない。
「後宮に花園があったんだが」
 近衛の説明は続いていた。記憶のなかに展開されている図面
には、広い敷地がそれとして切り取られている。
 後宮に住まう王の華たちのための花園で、壮麗な眺めなのだ
と報されている。国内の庭師の技術の粋を集めた場所である、
とも。
「そこを通るのが手っ取りばやい」
 物音がして、近衛を囲むひとの壁の間から顔をのぞかせたの
は老爺だ。
「いまは、花園は」
 かたい声だった。
「あんたのいい方じゃ、どうにも……」
 近衛にはぴんとこないだろうが、周囲の何人かは緊張した面

もちになっていた。
 それは庭師の家系の老爺だ。
 王―アンチェ三世は平民が家の庭木を飾ろうとすることどこ
ろか、念入りにととのえることさえ許さなかった。老爺の家は
職業を取り上げられ、彼は肘から先も取り上げられた。いまは
もう傷は癒えたそうだが、包帯はつねに巻かれたままになって
いる。
「いまは花園はなくなってる」
「そうか。もうないのか」
 老爺はすっかり平らになっている、くすんだ包帯をなでてい
た。花園が失われていると、そう予想がついていたのだろう。

 職業を取り上げられた庭師は老爺だけではなく、後裔もまた
いない。
 王城の庭をととのえるものはいるのか。庭師が出入りする話
は聞かなくなっているそうだ。専任のものがいるとも聞かない。
だれも出入りをしない王城の庭が、いまどんな有様になってい
るのか。
 庭師だけに起きていることではない。様々な職業が制限され、
圧され、失われていた。

 近衛は花園について口をつぐんだ。
 老爺も尋ねなかった。
 花園の状態を民はだれも知らず、しかし民がこそこそと鼠の
ように動きまわっていることを王は知らない。
 知られてはならない。
 知られるときには、王が生命を終えるときでなくてはならな
かった。
 彼らに名前はない。
 ただ王によって不当に様々なものを奪われ、怒っている。
 怒りは抑圧の風に背を押され、順当に王への報復に矛先を向
けさせた。
 王城を守るべきである近衛兵を引きこみ、王城の正しい図面
を手に入れ、さらに兵たちの状況を手に入れたい。
 そこに立ち入るためだ。
 どうすれば確実に王を殺すことができるか。そのために動い
ている。
 武器のたぐいは十分にそろっていない。そろえられないだろ
う。かたや、王城には潤沢なほど武器があるはずだ。そしてそ
れをふるうことに長けた兵たちが、王を守ろうと肩を並べてい
る。

 そこに入っていこうとしている。
 彼らのうちのだれかがたどり着き、王の首を撥ねられたらそ
れでいい。
 たくさんの死人が出るはずだ。
 彼らは全滅しなければいいと考えている。ひとりでもいいの
だ、そうやって王を殺す。
 そうしなければ、暮らすうちに王に殺されてしまうだろう。
 すでに彼らは王に苦しめられ、疲弊していた。
 税も景観も生活も、王は根こそぎ奪おうとしているかのよう
だった。
 春には水源を奪われ、夏には働き手を奪われ、秋には収穫を
奪われ、冬に枯れた水源と疲弊した働き手と痩せた土地が手元
に残る。
 これ以上悪くならないだろうと思うのに、年々ひどくなって
いく気がする。
 そこにいる彼らの顔は、どれも暗く重苦しい。
「後宮は男子禁制だから、兵は女性で……弓と剣を」
 そこで言葉を句切った近衛は、王城の周辺警護をつとめる男
だ。
「後宮から入って……そこからは弓と剣で警備してるってこと

なんだな?」
 問いが降り、近衛は目を閉じた。
 ややあって開いた目には、思わず彼らが息を飲んでしまうほ
ど、これまでと違う色がある。
 近衛の男は彼らを見回した。
 そのなかにいる恋人で視線は止まり、対になった双眸にはお
なじ色があった。
 なにかを決意した顔だ。
 きっと近衛は話す、腹を割る。そう確信させられた。彼らの
仲間になったと思っていい―しかしそれは早合点もいいところ
だった。
 彼らと近衛、そこに共通していたものは、強い決意だけだっ
た。
「収穫の時期まで、行動しないでくれ」
 近衛の発言に、だれもが我が耳を疑った。
 いまは春、早々に王の首を取る。そのあかつきにはなにをす
るか―生活を立て直さねばならないのだ。
 そこにはだれひとりとして、政に詳しいものはいない。
 無知がそろっていたが、それでも王が斃れれば、空いた玉座
を欲するものが現れると予想できる。戦になるかもしれない、

それも大きな戦だ。その可能性が高く、国内から武装の金音が
聞こえるかもしれないし、隣国から手が入るかもしれない。
 それでも現王アンチェ三世の施政をよしとするより―ずっと
いい。
 現王が在り続ければ、近くだれも彼もが生命を奪われる。
 それはただの予感だ。
 悪化の実感をともないながら暮らすなか、思考が摩耗してい
く。
 彼らの決起は、消えていく思考や叛旗の最後のあがきといえ
た。
 ただ息をしていれば、ただ生きながらえていれば、それでい
いわけではない。
 息をしていればそれを生きているとはいえず、生命があるだ
けで生きているとはいえない。
 生命以外のものを奪われ、それを生きているとは呼ばない。
呼んではならない。
 みずからにいい聞かせるようにして、彼らはあがいていた。
 なによりも彼らの大半を駆り立てたのは、家族にこの現状を
引き受けさせたくないからだ。
 生命を王に奪われるという予感―いずれそれは現実となるだ

ろう。
 ただ生き、王の望むままにすべてを差し出す木偶になる、呼
吸をする肉の袋。彼らだけでなく、国に暮らすものにとってそ
れが現状だった。
 いまはまだ、抗う気持ちを失っていない。それを失ってしま
う前に、王の首を取らねばならない。
 それが彼らの考えだった。
 現王であるアンチェ三世には何人か子がいるが、男子はただ
ひとりだ。
 嫡子であるアンチェ四世は、まったくおもてに出てこない。
昔生誕の祝祭が執り行われ、その際に税が跳ね上がった。その
せいで「四世がくるぞ」というのが「税が上がる」という揶揄
になって広まっている。
 アンチェ三世が斃れれば、次王となるのはアンチェ四世だろ
う。
 アンチェ四世が王位に就くにはまだはやく、しかし彼を王に
することが目標だ。
 若い王が玉座に就くことで、それが虚位となりかねないか。
そう心配する声は、政に疎い彼らのなかでもすでに上がってい
る。

 ならば王国を潰すか。王政で成り立った国から、王を排除し
たらどうなるのか。だれもわからない。
 アンチェ三世が斃れたところで、状況がよくなる保証もない。
なにを選んでも先行きなど見えないものだろうが、いまのアン
チェ三世の御代に明るいものは微塵もない。
 ひたすらこれ以上ひどいことにならないように、と祈りなが
ら、彼らは王の首を望んでいる。
 彼らは決意していた。
 もう邁進するしかない。
 子にも孫にも、この圧政で窒息する暮らしをさせたくなかっ
た。
 だから近衛の言葉に耳を疑った。
「あんた、なにをいって……」
「収穫の時期までは、おとなしくしていてほしんだ」
「収穫なんてずっと先だ」
 部屋のかたすみから上がった声には、明らかな侮蔑がこめら
れている。
 その言葉を押しとどめるように、近衛の手が上げられた。
「あんたらがしようとしていることはわかってる。むしろ、ず
っとだれかの罠じゃないかと思っていた」

 場が静まる。
 男の言葉、その続きを待っていた。
「あんたらはだれかの手先じゃないな?」
 低い声に、彼らは気づけば固唾を飲んでいる。
「……だれかっていうのがなんなのか、わからないんだが」
「そうか。すまんが、俺の連れをなかに入れてもらう」
 近衛は後方をしめす。そこには戸口があり、開閉のときには
照明の一切を落とすことになっているものだ。
「いますぐ頼む」
「待て、なにを考えて」
「外に待たせている。断るのはよしてくれ」
 近衛の男は入り口のほうを指さしたままだ。
 戸口に立つ白髪の男は戸惑っていた。だれも指示を出さず、
制止の声もない。
「待たせているんだ」
「……明かりを落とすから待ってくれ」
「そんなものはいらん。俺も連れも、ここで集会が開かれてる
ことを知ってる。いまさらだ」
 決めなければならなかった。
 開けるよう戸口の男に目配せをすると、ゆっくりと戸が開か

れる。
 風が入ってきた。
 白髪の男が外をのぞいて確認したが、だれかがいる様子がな
いのか、振り返ってしきりに瞬きをする。
 腰を上げた近衛の男が、戸口に大股に進んだ。
 そこで三度手を叩くと、とたんに風のほかにひとの気配があ
らわれる。
 気配は足音になり、なんだろう、と確かめる間もなく、複数
の男たちが戸口から身を滑らせてきた。
 全員がっしりとした身体を持ち、身のこなしに力がこもって
いる。すばやく戸を閉め、彼らを見回してくる眼光はするどか
った。
 彼らの間に、すみやかに緊張が広がっていた。
 すでに戸はしっかり閉ざされ、彼らよりずっと数の少ない侵
入者たちによって、場の空気は飲まれていた。
「これはいったい……あんた、どういうつもりだ」
 彼らは近衛とその恋人を見る。
 ふたりは一切動揺していない。ではこれはわかっていたこと
なのだ、と女に対し怒りがわき起こった。だが侵入者のひとり
が前に中央に歩み出たことで、なんとかそれをやり過ごす。

 その男はテンと名乗った。
 近衛の男の上役で、後宮と王城の外壁の警護を担当するとい
う。
 さらにその口から出た言葉に、彼らは声を失った。
「話は聞いているな? 俺たちは夏がくる前に叛乱を起こす。
あんたらが動くというなら、それが失敗してからにしてほしい」
 彼らは返事ができなかった。
 なにをどうこたえるべきか、侵入者の言葉を鵜呑みにしてい
いのか―王城を守る立場にありながら、起こそうとしているこ
とがおなじだという。
 いわば同胞だ。
 喜ばしいことかもしれない。が、彼らの大半は猜疑心にから
め取られていた。
 これが敵でない証拠がないのだ。
 近衛の男をたらしこみ、引きこんだつもりでいた。それが逆
だったら? 女が逆に敵の男を連れてきたのだとしたら。すで
に女は男に取りこまれて見える。
 彼らに考える時間は与えられなかった。
 テンは腰にさげた剣をしめす。
「遠回しな提案はしない。簡単にいう。俺たちがことを終える

まで、あんたたちはじっとしていてくれ」
 彼らは動揺し、おたがいの顔を見つめ合い―そのなか、前に
出ていたまとめ役となっているジャンカが手を上げた。
「協力関係になるというのは、あんたらの考えにはないのか」
 ジャンカが声を発すると、彼らを浸食する動揺がゆるやかに
なる。状況を見守ろうという意思が首をのぞかせた。
「人数が多いほうが、成功するんじゃ」
 テンは首を振る。
「俺たちが成功するとは限らない」
 そう思っていない声に聞こえた。
「失敗したときに、あんたらに続いてほしい」
 おたがいをジャンカは見比べた。
 テンをはじめとする近衛たちが失敗するなら、ジャンカたち
には一縷の光明すらないのではないか。
「そうなったときのために、武器も融通できるようにする」
 否はない。テンの声にそう知らされる。
 先陣を切ったものが失敗すれば、王城の警護は厳重になるの
ではないか。叛旗をひるがえすものが近衛のものたちなら、か
えって手薄になるのだろうか。彼らが潰えたあと、すぐに行動
すれば結果はよい方向に転がるだろうか。

 ジャンカの脳裏を急流に似た思考が流れたが、彼の声でそれ
は堰き止められる。
「不安もあるだろうが、すまない、先んじて動かれては困る」
 ああ、と声が出そうになった。
 テンの言葉にこもっていたものに、いっそ笑い出しそうにな
る。
 邪魔をされないよう、釘をさしに来たのだ―万一にも、彼ら
が成功するとは思ってもいない。
 近衛の男をたらしこんだ女が不安げにしている。その手を近
衛の男はにぎり、励ますようになでていた。
 同胞を見回したジャンカは、みなから緊張感が抜けてしまっ
たことを知った。
 戦ったことなどない。喧嘩も殴り合いになることはめずらし
い。彼らを王の殺害と国家の破壊に向かわせようとしたのは、
なにより怒りが原動力だった。
 彼らよりずっと戦いにも武器の扱いにも慣れたものが現れ、
成そうとしたことをするという。
 なにもしないでくれと―しないでいいといってくれる。
 わずかな時間で、もう戦意が失われていた。
 ジャンカにはそれを責める気持ちはなかった。無理もない、

ジャンカもまたテンたちが成してくれるなら、それを待ちたい。
 彼らは全員、荒事と無縁に生きてきたのだ。荒事を忌み嫌っ
てさえいる。もうこれからは、テンたちの成功を祈るばかりだ
ろう。
「悪いが、あんたらから俺たちのことが漏れないようにしたい。
ひとり手伝いを寄こしてもらう」
「手伝い? そんなもの、人質じゃ」
 つい思ったことが口から出ていた。
 いってしまってから、はっとする。
 ジャンカに向けられた侵入者たちの表情には、揃いも揃って
似通ったものが浮かんでいた。
 いやな想像をさせる、苦い表情だ。
「そうだ、そのとおりだ」
 自分たちの成そうということが漏れる、それはずっと彼らも
恐れていたことだ。
 いまも怖い。
 外部に知られれば終わる。下手をすれば一族郎党に累が及び
かねない―まだなにも行っていないが、目論む一団はきれいに
片づけられるだろう。
 対峙したテンたちが、ほんとうに叛乱を企てている保証はな

い。
 信じるしかなかった。
「こればかりはしたがってもらう。人質を連れて俺たちが戻ら
なければ、ここにいる全員が死ぬことになる。そういう手はず
だ」
 ほかにも仲間がいるのか。近衛の男が痛ましげに目を閉じ、
それでほんとうだとわかった。かたわらの女が、驚いた顔をし
ている。これは知らされていなかったのだろう。しかしふたり
の手はにぎられたままだった。
 うまいことやったつもりが、あっという間に取り囲まれてし
まっている。
 計画は頓挫したも同然だった。
 仲間の顔を見渡し、テンたちが成功してくれるならいいか、
とジャンカは思ってしまっていた。
 





» 日野裕太郎作品レビュー

Amazonのレビューやtwitterでいただいた感想、とりあげていただいたブログ記事などの一覧です