駄文の王様 > 日野 裕太郎/さつきの本 > えびす家通り商店街恋愛譚2 最後の恋にしませんか

えびす家通り商店街恋譚2 最後の恋にしませんか (らぶドロップス)

『えびす家通り商店街恋譚2 最後の恋にしませんか (らぶドロップス)』(日野裕太郎・伊藤倭人)

実家の写真店で働く弘樹は34歳。細々した仕事ばかりだが、いつか祖父が店をやっていた頃のように撮影スタジオを持ちたいと思っている。弘樹は半年ほど前から同じ商店街の美容室の一人娘で、小・中学校の同級生の香織とつきあっていた。お互いに跡取りの二人は関係を秘密にしていたが、一緒にいるところを近所の人に見られてしまう。またたく間に噂は広がり、やがて二人の関係に変化が……。がむしゃらな恋はできないけれど、この笑顔は大切にしたい――。30代の恋愛を温かな視線で描いたシリーズ第2話。

» 日野裕太郎作品レビュー

Amazonのレビューやtwitterでいただいた感想、とりあげていただいたブログ記事などの一覧です