駄文の王様 > 日野 裕太郎/さつきの本 > えびす家通り商店街恋愛譚1 ずっと好きなのに

えびす家通り商店街恋譚1 ずっと好きなのに (らぶドロップス)

『えびす家通り商店街恋譚1 ずっと好きなのに (らぶドロップス)』(日野裕太郎・伊藤倭人)

代々続く茶舗の娘・美咲は大学生。小さい頃からずっと、同じ商店街のはずれにある銭湯の息子・翼が好きだったが、彼との関係が壊れてしまうことを恐れて、思いを封印して別の男の子と付き合ってきた。だが、銭湯の廃業と美咲の身に衝撃的な出来事が起こったことをきっかけに、お互いの本当の気持ちがさらけ出されて……。都心から少し離れた住宅地にある「えびす家通り商店街」。ここで暮らすさまざまなカップルたちの恋模様を、ときにはスリリングにときには優しく描き出す連作シリーズ第1弾。

» 日野裕太郎作品レビュー

Amazonのレビューやtwitterでいただいた感想、とりあげていただいたブログ記事などの一覧です