駄文の王様 > 日野 裕太郎/さつきの本 > 公爵さまと銀の姫君~忘却の檻で愛に染めて~

公爵さまと銀の姫君~忘却の檻で愛に染めて~

『公爵さまと銀の姫君~忘却の檻で愛に染めて~』(日野 さつき・龍 胡伯)

【ティーンズラブ長編】
内容紹介

瀟洒な屋敷の夜会にてファティマは、初恋相手の公爵家の美青年ラシェッドに声をかけられる。
彼への想いを閉じ込めていたファティマは、よろこびを胸に秘め、普段飲まない酒に深く酔い……気づくと、ベッドで彼に抱かれていた。
純潔を散らされ、赤く煌めくキスマークが消えるまで、なぜかラシェッドの領地で軟禁状態に。
毎夜のように甘く責められ、快楽に溺れそうになるけど、本当は私を守るためと知り!?
彼の隠された気持ちに翻弄されて――。
内容(「BOOK」データベースより)

瀟洒な屋敷の夜会にてファティマは、初恋相手の公爵家の美青年ラシェッドから誘われる。彼への想いを閉じ込めていたファティマは、普段飲まない酒に深く酔い…気づくと、ベッドで彼に抱かれていた。純潔を散らされ、赤く煌めくキスマークが消えるまで、なぜかラシェッドの領地で暮らすことに。ファティマの家の持つ銀鉱脈を狙う人物から身を守るため匿うといわれるも、毎夜のように甘く責められ、快楽に溺れてしまう。封印した想いは溢れ、彼の本当の気持ちを知りたくなって…。

(Amazonの紹介ページより)

» 日野裕太郎作品レビュー

Amazonのレビューやtwitterでいただいた感想、とりあげていただいたブログ記事などの一覧です